車に乗って営業に出ることが多くなりました

「営業力をつける」
これは、弊社が自覚している課題であり、今後高めていきたいとしている目標の1つです。鹿児島に来てから、客先に出向く回数がぐっと増え、特に車に乗って外出する機会が増えました。営業とは言っても、いわゆる新規顧客を獲得するための営業ではなく、自社の新規事業を立ち上げるためのリサーチ訪問であったり、学生を採用するために各学校に出向いたり、といった活動のことを指しています。

弊社の受託事業においては、リピート率を高めることを意識した戦略をとっており、それが上手く回ってきているため、まだまだ営業をかけなくても順調にやっていけそうなところであります(参考: リード(見込み客)・CV(成約率)・LTV(顧客の生涯価値))。 ところが、じゃあ会社として営業力に乏しい状態のままで良いか、と言うと答えは明確にNOです。受託事業よりもむしろ、自社事業を立ち上げるにあたっては、今までにない事業を生み出すことになるため、新規顧客獲得のための営業活動は必須になります。また、採用活動を行うにあたっても、当然営業活動は必要です。

まだまだ営業力に関しては未熟な部分が多大にありますが、それ故に日々の学びが非常に大きいです。よちよち歩きの状態から徐々に一人前に歩けるようになり、少しずつ走ることもできるようになっていくような。昨日より今日という感覚が強くあります。

そんなわけで本日も、母校の鹿児島高専に出向き、インターンシップに関する採用告知のお話をさせてもらいに伺いました。打ち合わせの場における成長もそうですが、一番目に見えてわかる日々の進歩は、「車のバック駐車の上手さ」だったりもします…。笑

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 「THE BLUE GIANT JOURNAL」のレコード風視聴サイトが公開されました。

ランダムな日

まえの日 「コミュニケーションの総量の減少」は、コミュニケーション不全の第一歩である。

ランダムな日

loading loading