「THE BLUE GIANT JOURNAL」のレコード風視聴サイトが公開されました。

先日、弊社が制作のお手伝いをした「THE BLUE GIANT JOURNAL」のレコード風視聴サイトが公開されました。弊社は、主にフロントエンドの実装面を担当いたしました。

URL:THE BLUE GIANT JOURNAL

弊社コーポレートサイトの制作実績ページに更新しています。

こちらのサイトは、小学館から発刊されている漫画『BLUE GIANT』の続編『THE BLUE GIANT JOURNAL』の新聞広告(朝日新聞の別刷り広告)との連動コンテンツです。

広告内には「BLUE GIANT」ファンの、スポーツバックス代表取締役社長の澤井芳信ら5名が、同作について語るインタビューを掲載。また広告を広げると、連続4面にわたり名シーンがあしらわれたビジュアルがプリントされております。さらに、QRから専用サイトへアクセスするとスマートフォンサイトをレコード風にした音楽視聴サイトをご覧いただけます。

参照:BLUE GIANT JOURNAL | 面白法人カヤック

 

実際、広告が配布された後、いただいた実際の広告がこちら。めちゃくちゃでかい! 180cmくらいあります。こうしてリアルな物質として手に入れられるものと、Webの世界で構築したものを同時に味わうと不思議な感覚ですね。

朝日新聞で出た、BLUE GIANTの広告でかい!!

A post shared by Hiroshi Shimotsumagari (@shimotsu_) on

また、このお仕事をきっかけに『BLUE GIANT』を読み始めたのですが、めちゃくちゃおもしろい!! ジャズが好きということもありのめり込むように読んでいるのですが、「もっと早く気づけば…」と軽く後悔するほどおもしろいです。「鶏と卵」みたいな話ですが、こんなにおもしろい作品のプロモーションに関わることができて光栄だなと、いまではそう思います。

スマホからは広告経由でなくとも楽しめるサイトになっているので、ぜひ見てみてください!

THE BLUE GIANT JOURNAL

 

【追伸】

先日発売された、『BLUE GIANT』の最終巻(10巻)を読んだ結果です。

 

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 「天から降ってくる」からの脱却

ランダムな日

まえの日 車に乗って営業に出ることが多くなりました

ランダムな日

loading loading