「ジャン談」というpodcastにハマっている。

最近、「ジャン談」というpodcastにハマっています。

 

「ジャン談」とは、週刊少年ジャンプについてただひたすら談話をするpodcastで、おしこまん明日さん(敬称略)の2名で運営されています。

 

僕個人としては、週刊少年ジャンプを継続的に読んだことは一度もなく(たまーに、3年に1回くらいなんとなく気になって買う程度でした)、漫画の話はさっぱりわからないのですが、冒頭のアイスブレイク的な話を楽しみに初回から遡って聴いています。

 

アイスブレイクでは、「ポケモンGO」の話とか、ちょっとした仕事の話とか、いわゆる「普通」の話が多いのですが、2人の会話のキャッチボールが心地よく、気付いたら1日ずっと聴いている日もありました。

 

この「ジャン談」、一度URL先を見ていただければ分かるのですが、すでに43回放送されています。(2016/11/02 時点)

 

さらに、再生時間はほぼ毎回1時間を超えています。毎週コンスタントに更新するpodcastのなかではかなり濃厚な部類に入るのではないでしょうか。

 

しかも、おしこまんと明日さんはそれぞれ埼玉と島根在住。(podcast内で話されていたので、書いても問題ないはず)つまり、毎回遠隔で話している内容を編集してアップしているんですね。その根気と継続性がすごい。

 

SNSで共通の話題で仲良くなった人と、「ちょっと、podcastやろうよ」的なノリで始めるのはすごくイメージしやすいですよね。想像に難くない、というか。

 

ただ、それを実際にやり始めて、なおかつ1年近く続けているという事実に、素直に驚かされます。

 

ましてや、トークなので1人でもないし、毎回時間を合わせなくちゃいけない。普通、しばらく経つと「ちょっと面倒だな…」みたいになってもおかしくないと思うのですが、いまのところそうはなってないみたいですね。すごい。

 

podcastやブログ、ジム通いなど、はじめようと思ったらすぐにでも始められる時代です。そのハードルは限りなく0に近いといってもいいでしょう。

 

そうなったときに、人に注目される、まずわかりやすい手法は「発信し続けること」なのだな、と改めて再確認できました。

 

個人的には、ぜひ続けていってほしいなと思います。あと、アイスブレイク的なトークをもっと聴きたいなという要望も一応書いておきます。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 いかにして個人制作のモチベーションを保ち続けるか

ランダムな日

まえの日 カラスを観察していると、世の中はよくできているなと思った

ランダムな日

loading loading