ひそかに溜め続けている「至極のツイート」について。

最近、こんなツイートをしました。

 

Twitterにはいろんなタイプの人の人がいて、毎日毎日何百何千というツイートを目にするのですが、たまに「ハッ」とするようなツイートを見かけることがあります。

 

それは、すぐに役に立つものからそうでないものまで幅広い内容があるのですが、だいたい「ただツイートとして、いいねをつけるだけじゃもったいない」という感覚に襲われます。

 

僕はそうした「これはずっと胸に留めておいておきたい」と思うようなツイートを、「いいね」を押して終わらせるのではなく、Evernoteにまとめて保存しているんですね。「いいね」、って基本見返すことはほぼないし、フローであってストックするには向いてないんですね。なので、仕方なくツイートのURLと本文をプレーンテキストにして入力しています。

 

「至極のツイート」としてまとめられているこのEvernote内のノートなのですが、100個とか1000個とか溜まったタイミングでなんらかの形で公開してみようかなと思っています。「キュレーション」なんて大仰なことを言うつもりは全くありませんが、とある個人がえらく感銘を受けたツイートの集合は、また別の誰かにとって何らかのヒントになったり、助けになってくれるかもしれない、そう思ったからです。Twitter上のツイートはツイート(つぶやき)というパッケージで届きますが、その本質は140字のテキスト情報です。ときには人の人生にまで影響を与える140字があってもおかしくないと思うのです。

 

いつ実行するかはわかりませんし、フォーマットもなにも考えていませんが、いつかやりたいなと思うので書き残しておきます。

 

text by shimotsu

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 ミニチュア写真家・田中達也さんのinstagramが魅力的

ランダムな日

まえの日 イエスマンでも、ノーマンでもいけない

ランダムな日

loading loading