「行間」ならぬ、「ツイート間」を読む。

「行間を読む」という言葉があります。これはテキストの中の行と行の間に隠されているメッセージを読む、ということですが、最近は「行間」ならぬ「ツイート間」を読む(読める)ことの重要性について考えます。

Twitterはいまや、ただの「つぶやき」だけを吐き出すサービスではありません。もちろん、そうしたなんでもない日常を放出する場として使われることもありますが、その他にPR・広報的な役割のために使われることも少なくありません。これは企業や個人に関わらず、です。

なので、ツイートされる言葉は、ただなんとなく吐き出されるのではなく、ちゃんと意図を持って、なんらかの効果を期待されていることもある、ということを念頭に入れておく必要があるんですね。

だからこそ、「ツイート間」を読むことに重要になってくるんじゃないかと思います。

「その人がそのツイートをすることで得たいものは何か」ということ、そして、「その裏で、明かしていない事は何か」ということ。

この2つを考えると、よりさまざまな憶測ができ、Twitterをちょっとだけ楽しく使うことができます。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 運を高めるには?

ランダムな日

まえの日 良い広告に出会ったら

ランダムな日

loading loading