今日感じたことを、今日書かないようにする。

最近、ブログの書き方について思っていることについて。

ずばり表題のとおり、「今日感じたことを、今日書かないようにする。」ということです。ブログなのでその日に感じたことを書くのが最もライブ感があって良いというのもわかるのですが、僕は少し違った視点を持つようになりまして。

今日感じたことを、今日書くような習慣だと、どうしてもその日に起きた出来事やその日出会った人達のこと、そのときに起きた会話と関連づいてくるじゃないですか。もちろん、そこで書かれる内容が前向きでポジティブなことだったら良いんですけど、必ずしも毎日そういうわけではない。仮に、ある日誰かに出会って長話をして、そのときにちょっとネガティブな内容のブログを書いたとしましょう。僕はどうしても、その出会った人がブログを見た時の気分を危惧してしまうのです。

今まで書いてきたブログを振り返ってみると、僕の場合は誰かに何かメッセージを届けたいという意図で文章を書いたことはほとんどありません(笑)すべてが自己の内省的な内容にもとづいています。だからこそ、誰かに見られた時に「あれ?これ自分のことを言っている?」と思われてしまうのは大体が誤解であるし、あってほしくないなぁと思うわけです。

それともう1つの理由。それは、その日に感じたことってだいたいが思いつきレベルの内容である可能性が高いということです。1ヶ月後に見返してみると、あれ、この日こんなこと言ってるけどちょっと的外れだなぁなんてこともしばしば。なので、1ヶ月くらいその気持ちを寝かせておいて、それでも自分の意見が変わっていなければ文章として書いてみる。そのくらいの温度感くらいが丁度よいのかなぁと思っています。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 「買ってよくなかった」ことはほとんどない。

ランダムな日

まえの日 酒器「黒じょか」はZIPPOライターみたいなもの。

ランダムな日

loading loading