年末の多幸感

年末ですね。周りを見渡すとみんな忙しなく、でもどこか楽しそうな雰囲気が漂っています。会う人には「良いお年を」と言って別れることも増えてきました。

年末が持つ独特のこの多幸感。なぜこうもポジティブな雰囲気が年末にはあるのか。それは、みんなが「年越し」という1つの目標に向かっているからだと思います。普段生活していて、周りのみんなと共通の話題や目標を持ち合わせることって、あんまりないじゃないですか。それぞれのプライベートだったり仕事だったりはバラバラで、今夢中になっていることは少しだけ違っている。

だけど年末の間だけは、誰もが共通して「年末」という話題を頭の中に抱えている。程度の差はあれど、およそ頭の中の3割以上は「年末」というキーワードが占めているのではないでしょうか(抽象的なたとえですみませんw)。

この多幸感は、ドラゴンボールの元気玉にも近いものがあります。普段違う方向に向かって歩いている人類が、元気玉を集める瞬間だけは1つの話題を共有する。このシーンでもなんとなく、僕はハッピーな雰囲気を感じ取っています。

さて、いよいよ今年も残すところ10日間を切りました。仕事納めもいよいよ本腰を入れて進めていくところかと思います。今年の仕事は今年中に終わらせて、来年を迎えたいですね。部屋の大掃除もしなくてはいけない。さぁ、頑張りましょう!

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 酒器「黒じょか」はZIPPOライターみたいなもの。

ランダムな日

まえの日 焼酎は「好きなように割れる」ところがいい。

ランダムな日

loading loading