Koshiki Fishermans Fest2017に参加してきました。

先週末の土日を使って、Koshiki Fishermans Fes2017に参加してきました。僕らはフェスに参加すると同時に、これまで3ヶ月間かけて取り組んできたKoshiki DESIGN CAMPの成果を展示するためでもありました。

参照:KOSHIKI DESIGN CAMPに参加しています。

Koshiki DESIGN CAMPの成果については、また追々まとめるとして、今日はフェスの話。まず超大型台風が迫るなかでしたが、なんとか開催されました。

もちろん、台風の影響でそもそもツアーを組んでいた客がキャンセルしたり、足が遠のいた人はいたかと思いますが、それでも、100人前後くらいは参加者はいて、まずその点に驚きました。まず、鹿児島のわりと北の地域にある港からフェリーを使って1時間以上かけて来ないといけない時点でかなりアクセスに対するハードルは高いので、そもそも「甑島に来ている」という時点でかなり熱量の高い人たちが参加していたイベントだと言っていいと思います。

このフェスの醍醐味は、なんといっても浜焼き。キビナゴやタカエビ、イカといった魚介類を実際に獲ってきた漁師が、客の目の前でそれを焼いて、振る舞ってくれます。

これが、もうホントにめっちゃくちゃうまい!!

タカエビとキビナゴを焼いてもらって食べたのですが、単に塩をつけただけなのにシンプルにうまい。エビとか余すところなく全部ぼりぼり食べてました。キビナゴも、パッと見小さいのですが、口に入れると思いの外しっかり身がついていて、普通に満足するレベル。

これを、「エビは尻尾も頭も食えるんだよ、まあ俺は食わないけど。笑」みたいな他愛のない話をしながら食べる。フードチケット分以上におまけをしてもらったりもして。普段、都市部に生きているとなにも意識しなくなってしまう生産者との交流ですが、これって、これ以上ないスパイスになりうるんですよね。やっぱ、1.8倍くらいに美味しく感じるし、なによりそのやりとりが新鮮で楽しい。

このイベントについては、もう何度も昨年の出来事などを聞かせてもらっていたのですが、参加して本当によかったと思っています。天候面でのコンディションは決していい状態とは言えませんでしたが、それ以外のところではとっても満足させてもらえました。来年もまた、なんらかの形で参加できればいいなと思っています。

 

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 旅先ノート2.0

ランダムな日

まえの日 本業

ランダムな日

loading loading