自分が思うほど周りは自分のことなんか見ていない

って言葉、あるじゃないですか。

僕はあれ、若干言葉足らずだと思っていて、サイバーエージェントの藤田社長が過去に仰っていた「自分が思うほど周りは自分のことなんか見ていない。でも、全く見ていないという訳ではない。」というニュアンスが肌感覚に近いかなと思っています。これまで1年間、ブログやメルマガ等で会社のPRをやってきて、それに対する反応を振り返ってみてもだいたいそのくらいの感触です。

ただ、表題の言葉にせよ藤田社長の言葉にせよ、言いたいことの主旨としては「周りの目は必要以上に気にせず、やりたいようにやりなさい」ということだと思います。これは僕自身、会社を動かすときの心持ちとして、最近ようやく自然にできるようになってきました。昨日のブログとも繋がる話で、鶏が先か卵が先かわかりませんが、そういった心持ちになったことで今までよりも1.5倍くらい物事がスムーズに進むようになりました。このブログもそう、「誰も見ていないだろう」くらいの気概で書くようになってから、サクサクと書けるようになりました。特に毎日続けることに関しては、そのくらいの向き合い方が丁度良いのかもしれません。

(いつも見てくださっている方、ありがとうございます!)

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 いい仕事をするために「時間的余裕」は不可欠。

ランダムな日

まえの日 素人は、「道具」の正しい使い方が分からない。

ランダムな日

loading loading