3ヶ月が経ちました

営業開始・ブログ開始から3ヶ月が経ちました。非常に濃い3ヶ月間だったなと、振り返ってみて思います。1ヶ月1ヶ月が過ぎるのが早いこと。
忙しさの波はありながらも、勤怠スケジュールは一度も変則的になることなく、また、ブログもこうして1日も欠かさず続けられている点は良くできているなと思います。

 

禁煙の世界でも「3」の壁とよく言われるように3日・3週間・3ヶ月のタイミングで、継続を断つケースは多いようです。そういう意味だと、3ヶ月間続いた弊社の習慣は、しばらくは安定して続いていくと言えるでしょう。ドラスティックな組織の変化があったときには、また注意しなければなりませんが。

 

話は変わりまして、僕は学生時代にフルマラソンを走ったことがあるのですが、あれはとても良い経験でした。フルマラソンを走っている道中での感情の起伏は、人生におけるそれの縮図であると言っても過言ではないはず。

マラソンの途中途中で、「あ、このシーンは人生におけるあの場面と同じやつや・・!」って思うときがちょいちょいあるんです。典型的なのは、マラソンで最初に飛ばすやつ、あとで絶対バテる、とかですね。受験勉強などにも必ずいるタイプです。いわゆるランナーズハイなんかも、30kmあたりで本当にあります。人生で言うと…モテ期?

 

んで、僕が最も印象に残っているのが、35kmを超えた当たりの最もキツいゾーンでのことです。そこまで来ると、心も体もヘトヘトなんですが、実は走り続ける方が楽なんですよね。厳密に言うと、一度走るのをやめてしまうと、そっから再度走り出すのってめちゃくちゃエネルギーがいるんです。体力ほぼゼロに近い状態だとマジできついです。惰性で足を動かしてたほうが楽。

 

これは、物事を続けるコツにも言えるな、とそのとき思いました。例えば、何か毎日続けている習慣があったとして、旅行で2週間くらい休んじゃったとしましょう。すると、旅行から帰ってきて、再度その週間を取り戻すのは結構強い意志がいるんじゃないかと思います。下手をしたら、その習慣自体を忘れちゃっていることもあるでしょう。なので、特別なことがあったとしても、習慣は必ず毎日やる。10分でもやる、っていうのが、続けるコツなんじゃないかなと思っています。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 起業して3ヶ月経過して痛感した、「運動習慣」が日々に与える影響の大きさ。

ランダムな日

まえの日 「スマホから失礼します」の謎。

ランダムな日

loading loading