人生の運気はトータルでプラマイゼロになる…、が?

ラッキーブラザーズという名前でやってるので、定期的には運気の話を。

長く人生を生きていると、人生のコツみたいなものもなんとなくわかってきます。僕の場合は、やっぱりこの社名の会社の代表をやっているだけあり(?)、何かと運と絡めて物事を考えることが多いです。

まず大きなモットーとして、「人生の運気は結局、トータルでプラスマイナスゼロになる」というのを心の奥底で思っています。これを持っておくことで、日々生きていく中で対峙する様々な物事に対していちいち流されることなく、自分の軸をしっかり持って安定的に前に進むことができます。

不思議なもんで人生というのは、良いことも悪いことも、まとまってやってきます。これは天気みたいなもので、自分ではどう頑張ってもコントロールできないことです。なのでいっそのこと割り切って考えるようにしています。
つまり、何か良いことが立て続けに起きているときには、「順調だ!この調子で明日も頑張ろう!」と思いながらも、心のどこかで「何かこの先には大波乱がある気がするので身構えていよう…」という気持ちを忍ばせています。逆に、調子の悪い状態が続いてしまっている時には「今めっちゃ運気貯めてるわぁ…この先、相当いいこと待ってるぞ…」なんてことを考えています。浮かれもせず、落ち込みもせず、という状態を意識しています。

…と、ここまで読んで、

あれれ?人生の運気がトータルでプラマイゼロになるってことは、どういう風に生きても行き着く先は一緒ということ?

なんてことを思いましたか?

むむ、確かに総和するとゼロになるという意味では一緒ということになります。ですが、行動を起こす人とそうでない人の違いは、そのプラスマイナスの振れ幅だと思っています。普通に生きて普通の人生を歩もうとしたとき、-1〜1の振れ幅の人生を生きてトータルでプラスマイナスゼロになるとしましょう。ところが、ちょっと欲張って10をとりにいく人生に賭けるとすると、それに伴う-10が必ず発生します。10をとりにいくために必要な努力はもちろん、10をとりいこうとする人に対する、出る杭打っちゃれ的な攻撃なども含めて、です。

あとは、どっちの人生を選ぶかです。-1〜1の安定した人生を歩むもよし、-10〜10の激しい人生も歩むも良し、です。ラッキーブラザーズは-10〜10のほうに賭けて、酸いも甘いもたくさん味わっていきたいと思っています。そして、あわよくば最後の最後でトータル+1くらいにおまけで転べると良いなぁと、考えています。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 ディレクターがクライアント向けの資料を作る上で一番大事なこととは?

ランダムな日

まえの日 Lucky Brothers & co.が鹿児島市に拠点を置く理由。

ランダムな日

loading loading