いま、一番ほしいものは「全自動シーリングライト」。

日々生きていると「こういうのあったらいいな」と思うようなアイデアや、商品そのものを思いつくことがあります。そういうことを思いつくたび、さっとメモっては「なんとかして実現する術はないのか?」と考える日々です。

最近、考えているのは、『時間帯』『外の明るさ』『体調』の3つを総合的に判断し、自動的に明るさ・色味を調節してくれるシーリングライトです。いまこれが切実にほしいです。

普段、結構明るさを気にして生きています。少しでも暗かったらちょっとずつストレスが溜まるし、逆も然り。特に夜中に青白っぽい色の灯りだと目が冴えてしまうので、あまり好きではありません。やはりその後の睡眠のことを考えると、夜は目への刺激の少ない暖かみのある灯りがベスト。なので、いまは調光・調色機能のあるシーリングライトで、実際に、帰宅後 → 入浴後 → 就寝1時間前でだいたい明るさを変えています。

ただ、これがちょっとめんどくさい。毎回リモコンで明るさや色を調節するのはちょっと大変です。寝る前まで調節するのを忘れてしまって、いざ寝ようとしたときに目がギンギンに冴えて全然眠れない、みたいなこともしばしばあります。

そこで、前述したような、時間帯や外の明るさ、体調といった使用環境やユーザーの状況のを判断し、それに合った明るさに適切に自動調節してくれるライトがほしいなと。単純に時間帯だけで明るさを設定しておけるライトはすでに存在するようなので、もう一歩踏み込んで、ユーザーの状態に合わせられるものができるとベストかなと思います。例えば、昼間だけど外は曇っていて暗く、低気圧の影響でなんだかだるい…、みたいなときはゆっくり眠れるように暖かく、暗い灯りに自動的に変えてくれるような。

もしそういう製品が出てきたら30,000円くらいなら出すかも…。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 エイプリルフール企画の答え合わせ

ランダムな日

まえの日 大きな一歩

ランダムな日

loading loading