ラキブラブログの書き方。

このブログは、平日・休日問わず毎日更新されます。

いまは、Lucky Brothers & co.のメンバーである田島と下津曲の2人で、毎日交代で記事を書いて切り盛りしています。このペースは、1ヶ月で約15本、1年で約182本書く計算です。このルールは、ブログをはじめた2016年8月から1年間変わることなく続けてきています。

それから、更新の時間はある程度決めています。だいたい7時7分に投稿するようにしています。これは「7」が「運が良い」とされている数字であるためであり、別に8時13分でもよかった。まあとにかく「更新の時間を決めて、だれか1人でも毎朝の楽しみになってくれればいいな」と思い、そう決めました。

逆に言うと、これ以外のルールはありません。朝の更新に間に合いさえすれば(別に、間に合わなくたって大したことないですが)OK。内容も、公序良俗に反するものや、誰か特定の個人を誹謗中傷するような反社会的な内容でなければOK。仕事に関係する内容でなくてもいいのです。

僕がいま認識していることのひとつに、田島と僕のブログの書き方の違いがあります。田島は、聞くところによるとメモアプリかなにかに、ブログのネタを思いついたときに書き残しておき、「さあ、ブログを書くぞ」と思ったときにそこからネタを選んでいるそうです。

一方、僕は一応そうしたネタをストックはしておくのですが、ほぼ参考にはせず、「さあ書くぞ」と思い、そこから何を書くか考えはじめます。ネタというものは、思いついたときに書いてしまうのが一番鮮度が高く、解像度の高い内容で書けるので、この方法に落ち着きました。

けれど、何を書くか思いつかないときは結構きついです。例えば、夜の22時に書こうと思ってPCの前に座るも、出てこない。一向に、筆が進まない。タイピングができない、ということがあります。そういうときは、たいてい「横にでもなって考えるか〜」と思って横になるのですが、そうするが最後、次に目を覚ますと時計は丑三つ時を指していたりするのです。そして、「うわっ、やっば」と思って急いで書き始める。

ブログを長く書き続けていると、ある種のスタイルが定着していくかと思われますが、いろんな人のいろんなスタイルがあって面白いですね。他のブロガーのスタイルもまとめて知りたいなと思います。

Lucky Brothers & co. のニュースを
隔週でお届けするメールマガジン、
登録受付中!

つぎの日 Webサービスにおける「ローンチ」について考える

ランダムな日

まえの日 子どもたちにとって1年で一番かなしい日

ランダムな日

loading loading